OCMC

Osaka Child Mind Center

社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

起立性調節障害、遊びには行ける。仮病を疑ってしまいそうな様々な事例

2020-11-02  新着情報

起立性調節障害、遊びには行ける。

 

起立性調節障害児童をお持ちのお母様がよく言われるのが、学校のある日は朝起きるとすぐに・・・頭が痛い、目がまわる、気持ちが悪い、吐き気がする、お腹が痛い、立ちくらみがする、おしっこがしてもしてもしたくなるなどなどなど・・・お子様の症状により、それぞれ違いがあり、様々ですが、概ね前述のような症状を訴えてきます。
症状が出だした当初は、お母様はお子様を連れて、小児科、内科、脳外科、頭痛外来、と症状と関係のある病院をそれこそあちらこちらと行かれます。中には検査で入院したケースも・・・そして「どこも異常がありません」と診断が下され、特に小児科さんでは「起立性調節障害」とか「思春期や成長期によく出る症状ですので、心配は入りません」と話される先生もおられます。また起立性調節障害専門の有名な病院があると聞くと、遠くとも足を運ばれます。

確かに朝の状態を見ると、これは異常では・・・このままでは不登校になるのでは・・・、心から心配されますが、2ヶ月から3ヶ月経つとだんだんお母さんも気づきだします。「あれ〜?土曜や日曜日、休日の日は朝から元気なのでは・・・」と。そう、気づかれるのです。

そこで親御さんは病院の先生に質問されます。「先生、気がついたことがあるのですが・・土曜や日曜は朝から元気なんです。不思議でしょう?。でも月曜日になると起きた時から気分悪いと言って青い顔をして、布団からも出ず、学校を休むのに、休みの日は本当に朝から元気なんです。これって何かおかしいと思いません。仮病ではないですか」と中には怒りに満ちた顔で、真剣に話されるお母様が多いです。

そうなんです、それが起立性調節障害の特徴なんです。

つまり起立性調節障害はまさに自律神経によって体調が左右します。楽しい時には楽しいスイッチが、イヤな時には体調が悪くなるスイッチが入るのです。ですから休みの日は元気で、学校のある日は体調が悪くなるちょっと勝手な病気ともいえます。

そこで当所に来られるさまざまな事例を紹介してみたいと思います。ひょっとしてあなたのお子様にぴったりの事例があるかもしれません。

今後、どんどん事例を入れて行きたいと思います。

 

 

A君の例/土曜・日曜日の野球の練習には必ず行く

平日は朝から「しんどい、気分が悪い」と言って学校へ行かないA君。
近所の小児科で起立性調節障害と診断されるが、土曜・日曜の朝は元気なのが理解できず、大阪にある起立性調節障害専門の病院へ行き、起立時の血圧、脈拍、脳血流等の様々な検査を受け、どれも引っかかって起立性調節障害としては重いと診断を受ける。
しかしお母さんは「土曜・日曜日は野球の練習があり、その時は、見違えるように朝から元気で、しかも早朝練習に参加するんですよ。前の晩には自分で準備して、当日の朝は、顔つきも顔色も全然違います。毎週同じですよ。これっておかしいと思いません親としては土曜・日曜日も同じように朝の状態が悪ければ、納得出来ますが、どうしてですか」と問うと、医師は「野球が好きなため、興奮状態で血圧などが上がったり、するからでしょう」と言われる。

B子の例/明日、東京ディズニーランドへ行こか、と声掛けると・・

中学2年生の娘さんが、ゴールデンウィーク明けから朝起きると「気分が悪い、吐き気がする」と言い出し、その日を境に週のうち半分くらい、そのような症状が出始め学校を休む。
気分がすぐれない時は、朝も食べず、そのまま昼くらいまで寝ている。
昼に起きると元気な様子。でも「昼からでも学校へ行ったら」と言うと、「なんか気分が悪くなってきた」という。
近くの病院へ行くが、異常が認められないと言われる。
1ヶ月くらい経つと毎日気分が悪いと言って毎日休み出す。そこで大きな病院で診察を受けると「起立性調節障害」と言われ、成長期にはよくある病気ですと医師の言葉。学校に提出用の診断書を書いていただく。
ある日の朝、青白い顔をして起きてきた娘を見て、気分を変えてみることも必要とか思い、娘に「明日、東京ディズニーランドへ行こか?」と声をかける。パッと一瞬にして表情が変わる。「同じ行くならオフィシャルホテルに泊まりたい」と明るい声。えっえ〜、急に元気になり、ネットで空いているホテルを探し出す。「何、さっきまでの青白い顔は完全に消えている」。
朝、夜の明けないうちに起きてきて「ママ〜、どれ着て行こう?。どれが良い〜」とハイテンション。普段の様子とは、180度違うとは、このこと。とお母様は語られます。
楽しく東京ディズニーランドの旅から帰ってきて、気分も晴れたと言っていたので、翌日の学校は行けると思っていたが、いつもの症状が出る。
でも土曜日や日曜日は比較的元気。

C君の例/休みますと学校に連絡した途端、元気に!

中学1年になって、夏休み明け、朝、起きてきて急に気分が悪いと言い出し「吐きそう」とのこと。トイレに行くが結局吐くことなく出てくる。
それでも気分が悪いのが続くので、しかたなく学校に休む旨を連絡すると、何か気分が楽になったのか朝食を食べ出す。もう普段と同じ雰囲気のため、「どう、マシになっ た」と声をかけると「いや、まだ悪い」というが、どうみてもいつもの様子。食べ終わるとすぐにゲームをしだしキャッキャっと楽しんでいる。
「ゲームもできるんやったら、今からでも学校へ行き」というとまだ気分が悪いというが、ゲームをしている姿は元気そのもの。
何回かしつこく言うと「しんどいから寝る」と言って自分の部屋へ。その際、ゲームを無理やり取り上げる。「ゲームするとしんどいのがマシになるし、気がまぎれるねん」というが、「休んでるのにゲームするのはおかしい。ゲームでキャッキャッキャッキャッ笑うくらいやったら元気な証拠やから、今からでも学校へ行 き」と言うと、怒った顔をする。その日から、同じような状態が週に何回か出だす。