OCMC

Osaka Child Mind Center

一般社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

起立性調節障害

不登校児の多くは、心療内科や小児科へ行くと起立性調節障害と診断されるケースが多いです。
現在、小中学生の10%が発症されると言われていますが、実は医薬品メーカーの調査によると、中学3年生の60%が起立性調節障害の症状を経験しているというデータがあります。

●朝、起きれない ●朝、調子が悪い ●立ちくらみやめまいがする ●立っていると気分が悪くなるなど

もちろん、症状の軽い子から重い子まで様々ですが、その多くのお子さんは、起きてから1時間から2時間くらいで症状が回復します。
だから、お母さんが「仮病」と思われるのもこのケースです。(中には学校を休むと決まった瞬間に元気になるお子様もいます)

こどもに見られる起立性調節障害は一般的に、思春期に伴う成長ホルモンの影響と考えられています。
子供は夜、寝ている時に成長します。寝ている時に細胞が活性化し,骨も伸びるのです。しかし、朝、起きると当然、血液中の栄養素が使われ、足りない状況になり、布団から立ち上がるとふらついたり、めまいがしたりします。
また血液が足の方にたまり頭へあがらないために、低血圧で貧血に近い状態になったりします。

私どもに来るケースでは、不登校の約90%近くのお子様が、この症状を訴えます。
当然、症状の極めて軽いケースから重いケースまでそれぞれです。

でも中学生の2人に1人が起立性調節障害であっても、多くの子は、学校へ通っています。

行く子と、行かない子,その違いは何なのか・・・
「しんどくても学校へ行く」自分の意志の強い子。
「お父さんが恐いから学校へ行く」と言う子。
「朝しんどいけど、学校へ着く頃には収まっているから大丈夫」と考えている子などは、学校へ行きます。多くのお子様はそうです。

しんどい、しんどい、気分悪い、気分悪いと言いながらも、通うお子様は多いのです。
しかし、症状が軽くて、行こうと思えば行けるが行かない子もいます。そのようなお子様が2~3週間、はてまた1ヶ月も休むと、学校へ行くと友達から変なことを言われる、変な目で見られると思い、教室へ入るのがだんだん恐くなり学校へ行けなくなります。

学校へ戻りたいけど、戻る勇気が持てなくなるのです。不登校の多くのケースは、意外とこれが多いです。
比較的症状が早く収まるお子様の場合、暗示療法が有効です。ぜひご検討ください。

1日中、症状の見られるお子様は医師の診察をお受けください。
実績15年、年間約200~650人のお子様をサポートしてきた実績があります。

朝しんどくても学校に通えるお子様に

関連コンテンツ