OCMC

Osaka Child Mind Center

社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

小学生・中学生の不登校の復学率は約25%。

2019-05-10  新着情報

文部科学省の調査によると不登校からカウンセリングなどを受けて復学する率は、約25%です。つもり4人に1人の割合ということになります。
不登校数約20万人、その内5万人が戻る計算です。多いか少ないかは判断つきませんが、しかし不登校のお子様はすべてと言ってよいほど学校へ戻らなければと考えています。でもなかなか戻れないのです。その一番の理由は教室に入るのが怖いと言います。友達の目線や友達からバカにされるようなことを言われるのではないかと、それが怖いのです。そして自分の格好悪い姿を見せたくないとも言います。いわゆるプライドも高いのです。
人間としてプライドの高いことは当然必要でもありますが、不登校児にとってはなかなかやっかいな存在で、“何を言われても平気、どんな視線を浴びても平気”と開き直れないのです。ちょっぴり心が弱くなっているのです。そこで催眠療法の登場です。心の中に勇気をインプットすることができます。ぜひご検討ください。

ちなみに当センターの復学率は5回の催眠施療で40%です。しかし催眠を受けて“気づき”を持ったお子様の復学は早くなるのは間違いありません。以前中高一貫教育の学校で中1から不登校になり、気づきを持てたのにも関わらず、プライドの高さからなかなか学校に戻れず、高校は全日制の通信高校に入学。高校では不登校もなく通学し、東京の有名大学に進学し一流企業に就職したお子様もおられます。

催眠療法で気づきを持てたお子様の復学率や進学率は長いスパンで捉えた場合かなり高い数値と思います。※当センターの予測ですが80〜90%と考えています。