OCMC

Osaka Child Mind Center

一般社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

悪癖改善 各種障害

爪咬みをする少年

お子様のクセはも親御様にとって、これほど悩ましいものはありません。いくら口酸っぱく注意してもなかなか治りません。クセには色々な種類がありますが、親御様としては、他人に不快感や嫌悪感を与えるクセは、できるだけ早く直したいものですね。
しかし小学校から中学校、中には高校になってもなかなか修正できないお子様も多数いるのも事実です。

チックになりトゥレット症候群になると治るまで長い期間かかることもあります。
クセの改善には、やはり心理療法である催眠療法が有効です。ご検討ください。
継続することで改善するお子様が多数いらっしゃいます。

  • 爪咬み・・・・・ストレスが原因と言われています。中には高校生になっても止められない子もいます。
  • 指の皮むき・・・単なるクセから強迫性をともなう心の病気まで、ストレスや欲求不満が原因かも。
  • 鼻くそなめ・・・小学生低学年で見られますが、高学年になると人前ではせず、隠れてする子もいます。
  • 抜毛症・・・・・ひどい場合には頭皮が見えるくらい抜く子も。円形脱毛症と見間違うお子様もいます。
  • 貧乏揺すり・・・欲求不満の転移行動のひとつで心の安定を図るための行動といわれています。
  • 鼻ならし・・・・音声チックにみられる行動。くんくん、くすんくすんなど個人により様々です。
  • 首振り・・・・・運動チックのひとつで子供の場合ストレスをごまかすための行動が多いようでてす。
  • 咳はらい・・・・常にえっへんえっへんと咳はらいをする場合音声チックも考えられます。
  • まばたき・・・・常に目をパチパチ、中には目を半とじでパチパチすることも運動チックのひとつです。
  • 貧乏揺すり・・・ストレスや欲求不満の転移行動の一つで、家の外で常態的な場合はご相談ください。
  • その他・・・・・子供の癖で気になる場合はご相談ください。

※チックに関して/慢性多発性など症状によってはお医者様の診断をお勧めする場合もあります。