OCMC

Osaka Child Mind Center

一般社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

頭痛、吐き気、こどもの改善例

2016-09-08  新着情報

小学校4年生を過ぎたあたりから、朝の子供の状態は、頭痛、吐き気、めまい、腹痛などの症状を起こし、親を悩ませます。多少ガマンして登校する子供は多いですが、休む子も少なくありません。しかし2週間3週間と休み続けると、やはり不登校予備軍の様相を呈してきます。手遅れにならないうちに当センターにご来所下さい。催眠療法が有効です。

不登校改善例