OCMC

Osaka Child Mind Center

社団法人 大阪市こども心理センター

日本で唯一こども専門の催眠療法室併設

高校2年生の女の子、留年まであと少しの時に来所!

2017-12-08  新着情報

高校2年生の女の子、留年まであと少しの時に来所!そして復学へ!

有名な私立高校に通う女の子がご両親と一緒に来所されました。

お母さんが事前に相談に来られていたので、当方は予備知識もありました。それまでに学校のカウンセラーや心療内科や不登校支援プログラムなどを受診していたが、一向に効果はみられず、復学はもちろん今ではほとんど外にも出なくなった。後20日近く休むと、留年と学校側から通知されているのにも関わらず、一向に動こうとしない。とのことでした。
親としては当然子供の態度にヤキモキし、親を無視する言動もありイラツキは、爆発寸前に来ているとのことでした。
母親相談の時も「子供にはきついことをたくさん言ってもきましたし、はげましの言葉もいっぱい言ってもきましたが、子供の態度はだんだん母親の手に負えなくなってきて・・・私が今まで娘に対して行なってきたそれらのことが、原因になっているのか、悪いのかもうどうしていいか、わからないのです。本当に助けてください」
カウンセラーの面談室に入って来た彼女は、顔は白く不機嫌な顔つき。カウンセラーの目を見ようともしません。しかし両親に部屋から出ていただき、ふたりだけで面談すると、さっきの不機嫌なイメージとはまったく違い、顔つきも普通の表情になり、どこにもいる普通の女子高生になっていました。
当方の思春期問題チェックシートやカウンセラーの質問には嫌がらず答えてくれました。

学校にいやなことはない。でも生き恥をさらすようで戻れない・・・。

「あれ、パパママのいてる時と全然顔つきが違うね」とふると「パパとママ、きらい!」「どうして?」「ウザイし、あれこれと口やかましいし、学校どうするのどうするのと、そればっかり言うし」「そう、それでキライになった?」「よく泣くし・・・」「泣くの?」「そう、最初はびっくりして、こんだけ親は心配しているんだと思ったけれど、最近は、もう何とも思わなくなっている」
「でも留年まであんまり時間がないとか」「いいの、高校なんか行っても楽しくないし、第一あんまり人の居るところに行きたくない。人と話すのもなんとなく面倒になってきた・・・」「いつからそんな感情が出てきたの?」「中3位からかな」「でも学校へ行っていた?」「そう、何か行かなきゃという思いは強かったから、行けてたとおもうけれど、本当は行きたくなかった」
「大学はどうするの?」と聞くとしばらく考えて「やっぱり行きたい!」「じゃ高校は? どうしますか?」「そこですね。やはり問題は・・・通信とか、単位制とか、に乗り換えかな。たぶん」「今の高校は、嫌いですか?」「全然嫌いじゃないけど・・・」「お母さんに『高校やめる』など色々言っている手前もあるし・・・」「それも少しあるけど、正直言うと、教室に戻りにくいです。長期休んでた分、クラスの全員から白い目でみられることを思うと、教室にいくのが恐いし、なんか教室に入ると生き恥をさらしてみたいな、そんなイメージが頭をよぎって、とてもじゃないけど戻れないです」

学校へ行きたい!だけどみんなの目が恐い!行きたいけど、行けない!

やはり本人のプライドが大きな壁になっていました。多くの不登校児が陥る状況で、不登校を長引かせる一番の要因です。